「刈払機のメンテナンス」



お疲れ様です、テクニカルセンターの本間です。
梅雨の季節となり、草木もここぞとばかりに成長しています。
東環では今シーズン3回目の草刈りを実施中です。
今回は草刈りの際に大活躍する刈払機(2ストローク)のメンテナンスについて
書いてみようと思います。

以下は以前に町内会で刈払機を修理した際に、刈払機専門店の修理担当の
方から聞いた内容です。
壊れない(長持ちする)秘訣は「使用後に必ず空運転をおこなう」ことです。
やる内容としては、

① 刈払機タンク内のガソリンを抜く。
② タンクが空の状態で、刈払機を始動する。
③ ガス欠でエンジンが止まるのを待つ。
と簡単な内容です。

この作業の目的は、キャブレター内部にガソリンを残さないことです。
理由は以下の通りとなります。
エンジンのキャブレターは燃料と空気が良く混ざるように小さな穴から
圧力をかけて燃料を吹き出します。
また、2ストロークエンジンに用いるガソリンは一定割合で潤滑用の
エンジンオイルを混合します。
長期間刈払機を放置した場合は、ガソリンが気化することで残ったドロドロの
エンジンオイル分がその小穴に詰まることで故障の原因となります。
1週間以上刈払機を使用しない場合は、実施したほうが良いと聞きました。

このメンテ作業をおこなっての実感として、片付け時にプラス約5分の作業を
おこなうことで次回始業時は2・3回の始動工程で気持ちよくエンジンが掛かり、
スムーズに除草作業を開始することが出来ています。

                     テクニカルセンター 本間

| blog | 10:14 AM | comments (x) | trackback (x) |

「メンテナンス」

こんにちは、エコプラネット富士の勝俣です。
入社半年が経ち、仕事もだいぶ覚えてきまして徐々に出来る作業が増えて
きました。
最近ではホイールローダーの運転も思うように操作できるようになってきたと
感じています。
バックホーはまだまだ経験と技術が足りないところですが
焦らずに一つ一つの操作で上手くいったこと、良くなかったことに
少しでも気付きながら上達していきたいです。

そんな日々の業務の中で、重機のメンテナンス作業で部品交換や
オイル交換等を経験し気持ちの良いことだなと感じ、今まで以上に
愛着が沸き、運転も気を使うようになりました。
そして、この経験を自分の車とバイクでやってみたいと思い
いつも重機メンテで色々と教わっている小佐野リーダーのアドバイスを
貰ってやってみました。

・車はフロントのブレーキパットが残り1㎜程度でしたので交換。
・バイクはブレーキオイルとエンジンオイルの交換。

実際やってみると作業自体は難しくなく、注意点をしっかり押さえていれば
大丈夫だと思いました。
専用工具が無くても、今あるものを工夫して代用できました。
まだまだ始めたばかりですが、自分でメンテナンスできたことが楽しく、
なんでもやってみるものだなと思いました。
とても良い時間を過ごしました。



交換後、仲間と一緒にバイクで河口湖と西湖を一周してきました。


                 ㈱セイフコ エコプラネット富士 勝俣

| blog | 04:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

「タイヤ交換」

こんにちは!東環の菊地です。
7月になりますます厳しい暑さになりましたね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

先日、いつもお世話になっているディーラーさんから車の車検の
ハガキが届き、もうそんな時期かぁ…と思い自分でわかる限りでは
ありますがマイカーの簡単な点検をしました。

そうしたら、今履いている夏用タイヤが減っていて少しひび割れもあり、
自己判断ではありますがタイヤ交換してから車検に出す事にしました。
ちょうど今年の冬は新しくスタッドレスタイヤを購入予定だったので、
昨年まで履いていたスタッドレスタイヤを夏用に下ろして車検を
受ける事にしました。



こちらのタイヤは冬道こそ不安がありますが、まだまだ溝は残っているので
このタイヤで車検を通すことにしました。
今回のタイヤだけでなく、何でも無駄なく使えるように普段の生活や
仕事で癖をつけていきたいと思います。

                         処理センター 菊地

| blog | 02:12 PM | comments (x) | trackback (x) |

広報記事#55 ~社員研修旅行~

早いもので令和元年となり二ヶ月が経ちました。
改元を良い機会として、新たに目標を立てた方も多かったと思います。
時が経てば様々な事柄が変わってゆくものですが、今を生きる大人として
先達から引継ぎ培ってきたものをどう次の時代に引き継いでいくか。
世代が違えば考え方も違いますが、皆が常に学ぶ姿勢を忘れないことが
とても大切と考えます。



この度、㈱東環、㈱セイフコ従業者一同は社員研修旅行に出掛けて参りました。
いつもは全国各拠点で仕事に励んでいる皆が一堂に集い親睦を深め、
互いに労い、見聞を広める学びの旅となりました。



令和となり最初の研修旅行でしたが、弊社従業者として
そして一人の人間として得た物は多かったと思います。

これからが夏本番です。
暑さは日に日に増してきますが、青い空の下 ㈱東環、㈱セイフコは
全員一丸となり明るく元気に日々の仕事に励んで参ります。

広報担当 邑上

| blog | 08:08 AM | comments (x) | trackback (x) |

「常識が覆されるとき」

先日ウェザーニュースで興味深い物がありましたので一部抜粋したいと思います。
詳しく知りたい方は【いま、酸性雨はどうなっているの?】で閲覧してください。

学生時代に酸性雨被害として学んでいた森林の枯死や土壌酸性化の問題などが
現在ではほとんど認定されていないようです。
環境省によると日本において酸性雨被害は認定されていないし、
因果関係が証明されたものはないとのことです。

現在酸性雨の被害で有名な旧西ドイツの黒い森は乾燥が原因とわかりました。
酸性雨による唯一の森林被害はチェコ・旧東ドイツ・ポーランド湖国境に広がる
黒い三角地帯の樹木が半数以上枯死した事象があげられるようです。
原因として局所的に硫黄酸化物または硫酸等が
高濃度で降り注いだことが原因とわかりました。

このような判断がなされたのは植物学者が酸性度の違う水を樹木にかけて
生育度を調べたところpH3までは影響がなくpH2になると
生育が悪くなることがわかったからです。


今まで常識とされていたものが時を重ねると覆されることがあります。
仕事においても単一な考えではなく多方面から考えていくことや、
現状の水処理の方法だけでなく別の水処理の方法が応用できないか
考えながら業務に臨んでいきます。

テクニカルセンター 鎌田 豊

| blog | 08:24 AM | comments (x) | trackback (x) |

「夏に向けて」

7月に入り、いよいよ秋田の季節も夏本番に向かって
日を追うごとに気温が高くなってきました。
暑さだけでなく、大雨や強風など、天候の急変も多い
時期なので、より安全作業に気を配りながら取り組んで
いきたいと思います。

普段は選別作業や、シート施工の作業をおこなう事が多い
自分ですが、この頃は重機や車両のメンテナンス作業も
先輩に教わりながら取り組んでいます。
普段乗っているブルドーザーやバックホウなど、メンテ
ナンスや修理で、ひとつひとつの部品や仕組みを細かく指導
いただいていますが、改めてよく見てみると知らない事や
発見が多々あり、まだまだ勉強不足であることを痛感します。
普段は乗る側の立場であることが多いですが、メンテナンス
や修理をする側の目線や、仕組みやつくりなど構造的な角度
で重機を見ると、普段何気なく操作している一連の動作の中
にも無駄があったり、機体に余計な負荷がかかってしまうよう
な操作があったなと気付かされます。これからの時期は気温
が上がるため、特に冷却水温や作動油温の上昇で機体に負担
がかかり過ぎないよう、意識することでより安全で重機が長持
ちするよう心掛けていきたいです。

また、先日は車両メンテナンスでタイヤの組み替え作業を
初めておこないました。タイヤチェンジャーや普段はあまり
使用することがない装置や工具の使い方、何気なく触れていた
タイヤの破裂の危険性など、どの作業にも多くの注意力が必要
であることを理解して作業することが大切だと思いました。

これからどんどん暑くなります。
こまめな水分補給や適度な休憩を取りながら、体調維持や
健康管理に気を配り、安全作業でこの夏を乗り切っていきたい
と思います。


                    処理センター 舘岡

| blog | 08:53 AM | comments (x) | trackback (x) |

 

PAGE TOP ↑