<<次の記事 前の記事>>

「家庭菜園を通して」



四月の初めに子供達と庭へ枝豆とオクラの種を撒きました。
毎日会社に行く前と会社から帰ってきた時に水撒きをしました。
最初は変化の無い畑に興味がなかった子供達も、枝豆の芽が出て来て
からは積極的に水撒きをしてくれるようになりました。



八月に入り間もなく収穫となりますが、子供達には毎日欠かさず
水撒きをする責任感、決まった時間に決まった行動をとる事によって
生活にリズムをもたせる事の大切さ、水撒きを出来ない時や水撒きを
出来なかった時にも状況に対応することの出来る柔軟さを少しでも
学び、この先の人生の参考になればと思います。

                   テクニカルセンター 田口

| blog | 08:03 AM | comments (x) | trackback (x) |

<<次の記事 前の記事>>

PAGE TOP ↑